FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功することが当然な状態!アウトカム志向の第4ステージ ニュープロがあなたをお金持ちにする

本気で、お金持ちになりたいと決断している人数で考えれば
お金持ちになりたい程度であれば、達成できるといわれています。

あなたがお金持ちになりたいと本気で決断して、明確なアウトカムを設定します。

アウトカム志向を無意識的有能力(能力の第4ステージ)になるように
アウトカムに関する取り組みを継続することで、当然に達成することができます。

多くの有名な自己啓発書、成功哲学書で「夢や目票を思い描き強く願う」
というアドバイスをよく見かけると思います。

願望を強く思い描く、強烈に熱望することが、多くの人にとってのスタートだと考えています。

真っ白なキャンパスに鮮烈な赤色を描くと目立ちます。

その赤色がにじむことを繰り返し、キャンパス自体が赤みを帯びてくると
始めに使った鮮烈な赤色は、強烈さが減ります。

印象の強さは相対的なものです。

コントラスト、差異が大きいほど目立ちます。

夢や目標、願望を思い描くのもこれに似ていると思います。

夢や目標を最初に書いたときは、新鮮に感じるでしょう。

さらに、自分でも、その成功イメージを強烈に印象を強くします。

成功を渇望レベルまで欲するまで、願望を強く思い描き、強烈に熱望する行動をとります。

そういった行動を継続的にしていくと、スタートの時から時間がたつほどに
達成したい夢や成功に自分が染まっていきます。

そうなると、最初に比べてコントラストは少なくなります。

最初は強烈な刺激であっても、慣れてくると同じ強さの刺激でも
その印象の強さは、相対的に弱まります。

それでも毎日、自分が書いた目標の紙を見るなど、焦点を当て続けます。

特に、アウトカムを達成したシーン、メタアウトカムを達成したシーンや夢や目標を
達成したシーン、あるいは、それまでの自分の成功物語のシーン。

そのシーンを心のスクリーンに映して、何度も見ます。

夢を達成したシーンで、何が見えるか?何がきこえるか?体に何を感じるか?

自分に質問して、視覚、聴覚、体感覚情報でイメージを豊かにします。

また、成功までの過程をメンタルリハーサルして、その映像や画像をたくさん見ます。

こういったことを日々繰り返して継続していると

何度もイメージを見るので、成功イメージの強い印象は、相対的に弱まりますが、

今度は、自分の夢がかなうことを感じるリアリティーが強まってきます。

自分が成功することが現実的感覚になっています。

「成功する自分」「成功できる感覚」が心と無意識にとって
リアルなものになっていきます。

それはセルフイメージが上書きされる感覚ともいえます。

「私は、それを達成できて当たり前の人物である」

「私は、成功にふさわしいし、成功に値する人物だ」

「成功して当然」「てに入れるのが当たり前」

セルフイメージが変われば、振る舞いや口ぐせも変わってきます。

活動する環境も変わります。

それらが変化する経過から、能力が変わります。

そして、結果が変わります。

そうです。成功するということです。

成功したいと心に決めて、スタートする時点では、強く願います。

想いが渇望レベルになり、日々イメージする時期を経て「当然、そうなるものだ」
という感覚になります。

ニューロ言語プログラムでは、ひとつのワークによって、その場で同様の感覚に
なることも可能ですが、

臨場感の高いアウトカム達成イメージを毎日、継続的に思い描くことでも可能です。

「当然、そうなるものだ」という感覚は、強く願っている印象はなく、どちらかというと
自然な感覚です。

自分が成功するイメージ、その感覚が心に刷り込まれたような状態ともいえます。

自分としては、普通に、生活を過ごしたり、仕事や目標達成に近づくチャレンジをしたり
していると、

まるで自然な感じで、一般的には成功者と呼ばれる結果を手にする状態ですね。

思考は現実化するというのは、思考が先にあり、現実化がついてくるという意味です。

成功して当然というセルフイメージや状態になってから、後から結果がついてきます。


成功して当然というセルフイメージになったり、そのような状態になったりすれば
成功というゴールまでのあいだ、居心地が悪い気がします。

成功することが当然の状態だと心と無意識が認識しているわけですから
成功していない現状は、異常な状態であると感じるからです。

そうなると当たり前のように、成功に向かう行動が増えて、成功から遠ざかる行動は
減ってきます。

無理に強く願う作業をしなくても、自動的に成功に向かう状態といえます。

「成功をイメージする」ことが学習の第4段階、無意識的有能力になったととらえても
いいかもしれません。

このような状態をつくる自己啓発やニューロ言語プログラミングの活用方法の一例を
上げて見ます。

状態をつくる方法のひとつとして、以下の流れで考えてみましょう。

「強く願う」⇒「続ける」⇒「成功して当然と感じる」

「強く願う」⇒「続ける」というのは、

心や無意識へのプログラムのインストールで考えたときの

インストール=印象強度×回数といわれていることと同じですね

このように考えていくと、ニューロ言語プログラミングなどを活用する方法が見えてきます。

成功を強く願い、渇望レベルにするために、サブモダリティの変更で印象を強めたり

アンカリングを使って、成功するイメージと快を結びつけるのもいいでしょう。

どうしてもという場合は、スキルの練習をしっかりして、知識もしっかり勉強しているか
信頼できるガイド役ができる人に手伝ってもらいましょう。

安全性を考えると、エコロジーチェックなどができることが大切です。

インストールは、印象強度×回数という側面もあるので
8フレームアウトカムを毎日イメージしたり

目標設定を紙に書いて毎日読み上げたり、想像したりしましょう。

1日24時間の中で、なるべく意識をアウトカムにむけるようにしましょう。

意識的な焦点化をし続けます。

心や無意識に刷り込んでいくように、イメージや体験をつかったワークも有効です。

強く願うことから、繰り返して感じ、当然さを感じることを1度のワークで行いたい場合
チェーンプロセスというニューロ言語プログラミングもあります。

当然さを感じるために、自分の全体の一致感を高めるうえでは
ニューロロジカルレベルの統一などもいいでしょう。

床にニューロロジカルレベルの各層をイメージして
歩いては、各階層の上に立ち止まってワークすることも
イメージと体感覚を使っています。

成功すること、アウトカムを感覚として身体に刷り込んでいきましょう。

頭や脳は、言語で試行することを意識と考えたり
身体は、心や無意識の領域だととらえたりすることもあります。

その考え方をメタファーとして、身体感覚として成功やアウトカムの感覚を
くみこませるイメージを活用するのもいいでしょう。

こういったことを繰り返す日々で、強く願わなくても
無意識でもアウトカムに焦点があたった状態で活動する時間が増えます。

アウトカムへの焦点化が、無意識的有能力となっていく感じですね。

この段階が、自己啓発などの分野で語られる自動成功や引き寄せという状態の
イメージが近いと思います。

スキルは、繰り返し体験するうちに、学習の段階を上げていきます。

さまざまな角度から学習するといいでしょう。

本を読む、オーデイオ学習する、習いに行く、ワークとして体験する

繰り返し日常生活で使ってみるなど

アウトカムへの焦点化、成功をイメージすることを、無意識的有能力
になるまで体験しましょう!

スタートは、強く願い、渇望することです。

そして、学習の段階があがるごとに、強く願うことをしなくても

成功することが当然であるかのように感じてくるでしょう。

成功することが当然であるなら、それは成功することに普通に自信がある状態とも
いえます。

できて当然だと心が思えることは実現します。

幼少のころ、箸を使うことを学習し

繰り返し使っていると、無意識的に箸を使って食事するようになります。

そうなった人が、けがなどしない限り、当然のように箸を使って食事ができます。

考え事をしながらでも、食事を終えることができます。

箸を使って食事を最後まで食べることが実現するのは

そのことを心が当然だと思っているからです。

何か、毎日繰り返して行って習得したことをイメージしてください。

箸を使うことでも、鉛筆を使うことでもいいです。

自転車や車を運転することでもいいです。

あるいは、パソコンを使うこと、携帯電話を使うこと、楽器を弾くことでもいいです。

または、言語を読むこと、聞くこと、話すことでもいいでしょう。

そのスキルは、当然のできるレベルになり、何かのアウトカムをたやすく達成します。

目的が手紙を書くことであれば、当然のように最後まで書き終えることができるでしょう。


近所のある場所にたどり着くことが目標地点で、自転車に乗って到着することかもしれません。

アウトカムの設定や的確化、アウトカムの焦点化など

アウトカムに関するスキルを使うことにで、無意識的有能力に持っていきましょう。

アウトカムに関するスキルアップは、成功を加速化します。

それがスピード成功する秘訣だと思います。

同じように、成功をイメージして感覚を身体にくみこませることもたくさん体験しましょう。

まるで成功は自動的だという印象を持つようになるでしょう。

あたかも成功は引き寄せられるものであるとイメージできるようになるでしょう。

ニューロ言語プログラミングのアウトカムをたくさん勉強して使ってみましょう。

どうですか?一緒にニューロ言語プログラミングを学んでみませんか?



















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。