FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功するビリーフを書きこめば、あなたも成功できる NLPがあなたをお金持ちにする

自己啓発書や成功哲学では

・人は、誰しも夢を実現できるパワーをもっている
・わたしはみんな成功する力がある

ということを伝えていることが多いです。

決意とは、「意思をはっきり定めること」だといわれます。

決意は結果につながっています。

過去に決意したことや決意しなかったことから
今日という結果が生まれています。

決意を成功のリソース、ひとつのスキルとして考えてみましょう。

スキルは、すればするほど、うまくできるようになるものです。

筋力トレーニングと同じですね。

鍛えれば鍛えるほど筋肉が強くなるように
決意というスキルも向上します。

決意することに自信が生まれてきたら
思い切った意思決定をすることにつながります。

決断とはきっぱり決めることです。

成功者になることを決断するとは

「成功すると決めて,ほかの選択肢を断ち切る」という」ことです。

成功する道だけ残し、成功しない道をなくしてしまえば

歩むごとに成功に近づくことになりませんか?

このことが加速化された成功を引き寄せるひとつの要素になります。

毎日、何かを決意しましょう。

小さいことから、大きいことまで
毎日、決意して鍛えましょう。

そして、成功者になることを決意するのです。

もし、失敗を恐れて決意できないということがあるかもしれません。

私たちは、失敗を恐れて行動しないこともあれば

結果、失敗した自分が恥ずかしいという理由で、
決意を避け、ただ行動を受動的に選択することがあります。

私たちは、失敗によって苦しむのではなく、失敗を成功のリソースをしなければなりません。

失敗という結果を出すまでにかかった時間は、一緒でも、その時間をマイナスの
影響力をもたせるのか?

その時間を成功のリソースとして活用するのか?

使う時間は同じです。出来事も同じ。

しかし、一方は成功に遠ざかることに使い
もう一方は成功に近づくために使います。

この回数の積み重ねや連続する中で、おおきな成長の差が生じます。

能動的に決意をして取り組んだ結果の失敗は
成功に役立つリソースにしやすいです。

改善の為のフィードバックとしてとりあつかうことができるからです。

受動的で、消極的に取り組んだ結果の失敗は
何度も同じ過ちを繰り返す悪循環に陥りやすいです。

同じことをして違う結果を求めることは、自分の精神を弱めます。

成功の道とは、アウトカムを設定し、その達成のためにPDCAサイクルを
回すことです。

計画して決意し行動します。

行動の結果を分析して、それを改善の為のフィードバックとします。

行動の結果が良くても悪くても、成功のリソースとなるということです。

最初の一回を回し始めて、アウトカムを達成するまで回し続けるだけです。

もし、PDCAサイクルを回す自信がなくても、大丈夫です。

T.O、T、Eモデルで取り組んでもいいです。

テスト、オペレート(操作) テスト 出口

設定したゴールに達するまで、テストと操作をくりかえせばいいことを
あらわしています。

言い換えれば、できるまで違うことをこころみるといえます。

赤ちゃんは、両親が立っている姿を見て真似たいのか?
それとも遺伝子に組み込まれているのか。

理由はさておき、立って歩くというアウトカムが設定されています。

そして、アウトカム達成の為に何度でも立ち上がり、歩けるまで
さまざまなことを試します。

両親も、その失敗し続ける姿を見て、たって歩けることを信じて見守ります。

人間は、元来、T,O,T,Eモデルを持っているといえそうです。

このことをNLPでは次のように表現しています。

・失敗はない。ただフィードバックがあるだけ
・問題、制限はチャンスととらえることができる

・うまくいかなかったら、別のことを試してみる うまくいくまで
・何も選択しないよりかは、何かを選択したほうがよい

・人は、必要なリソースはすでに持っている

こういった考え方を自分の考え方のフィルターにすると
あなたが成功するのに役立ちます。

失敗することが怖いから挑戦を避ける

本気を出して結果が悪かったから、しかたなくやっているように取り組む

こういった考え方は、自分の人生における様々な経験からうまれたものです。

自分を守るために生まれ、強化された考え方です。

それは、過去の文脈の中では、あなたを助けてくれたものです。

しかし、これから成功を目指し、決意し行動をとり、決意を重ね
決断していくという文脈では邪魔になる考えです。

ある文脈において役立つ考え方が別文脈においても必要だとは
限りません。

ある文脈では出てきてもらい、この文脈ではお休みしてもらう。
別の考え方に出てきてもらうことも可能です。

こういったこともNLPで学べます。

・ビリーフチェンジ
・過去の履歴の置き換え
・個人履歴の置き換え
・迅速な恐怖症の変更

ワーク化されていて、学べば誰にでも活用可能です。

小さいときは、意識もせずT,O、T、Eモデルを使い
アウトカムを達成してきました。

人生が進み、さまざまな経験からバリューやビリーフが生まれました。

それが失敗を避ける選択をとらせることもあります。

行動しなければ成功することもありません。

肯定的意図があり、今までの人生のある文脈であなたに役立っていた

ビリーフが成功へチャレンジするときにあなたの成功を阻んでいます。

成功したいのに、行動に踏み出せない。

こういったジレンマから脱出する方法は
成功を目指すという文脈に適したビリーフを
採用することです。

アウトカムを設定してPDCAサイクルを回す行動をとる

というフレームでチャレンジすることをとらえてみましょう。

例え、PDCAサイクルを回さなくても、まだまだ安心してください。

あなたには、T,O,T,Eモデルというリソースが基本スペックとして
そなわっています。

大人になり、使ったことを忘れているかもしれません。

立って歩くこと、自転車に乗ること、日本語を読み書き、話すこと
道具を使って食事をすることなどT,OT,Eモデルで獲得している
リソースがあります。

まずは、こういった考え方を持つことです。

成功に向けて進むという文脈の中で、役立ちビリーフをセットしましょう。

NLPでインストールできます。

成功している人は、ビリーフなど成功するのに役立つプログラムを
持っているから成功しています。

NLPはモデリングをするためのツールでもあります。

結果がでるプログラムをモデリングすれば、同じ結果が出せます。

成功に役立つビリーフをインストールして成功しましょう。

すごいですね!NLP

本当に成功に役立つ最高のツールです。

どうですか?

加速成功に向けてNLPを学びましょう!








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。