FC2ブログ

記事一覧

成功したい貴方に」朗報!成功の秘訣を発見

成功したい貴方に朗報!成功の秘訣を発見!
自分とのラポールが重要だと聞いたことがありますか?

現状から成功へ向かう変化の土台はキャリブレーション
自分が自分にペーシング⇒ラポール⇒リーディングそして
成功へ


自分とのラポール
今回は成功に向けて動き出すのにとても大切な話をします。

あなたはラポールという言葉をご存知でしょうか?

簡単に表現しますと

ラポールとは、信頼関係が築けた状態のことをいいます。

コーチングをするときのコーチとクライアントの関係性

コンサルティングをするときのクライアントとコンサルタントの関係性

コーチングやコンサルティングのセッションがうまくいくには

ラポールの状態が作られ、維持できていることが大切です。

このようにラポールは2者間の関係性を表す言葉ですが

ここでは自分とのラポールをとる話をしていきます。

「えっ自分と自分でラポール?」と
不思議に感じたかもしれません。

しかし、自己啓発や成功哲学を学び、同じだけの情報量があっても
成功する人と成功しない人の差を生み出すのが
自分とのラポールが大きな要因になっているのです。

もし、自分の成功に少しでも興味があればお聞きください。

成功するかしないかはごくわずかな差でしかない。
あなたは、成功哲学や自己啓発、心理学など
様々な成功に関する情報に触れたことがあるかもしれません。

定番の書籍から知ったのかもしれません。
知人や有名人の名言からかもしれません。

あるいは、そのような人の伝記や書籍
あるいは、インタビューやネットの情報かもしれません。

または、セミナーや勉強会で手にした情報かもしれません。
DVDやテレビ番組からの情報ということもあるでしょう。

いずれにせよ
経済的成功を手に入れたい!
尊敬や名声をかちとりたい!
幸せという成功をてにしたい!

そんな風に感じながらも
とはいえ、そんなの運がいい人だけだよね...
一部の選ばれた人、才能のある人だけがうまくいっている...

私にも成功は手に入るのかな?

同時に、こんな考えも頭をよぎるのかもしれません。

人間の脳には成功を望む自分もいますし違う意見がよぎることもあります。

真逆の意見が出たり引き止めたり、あきらめることに意識を傾ける意見を多くだして
自己説得したりポジティブなことを考えたら、それに対してネガティブになったり。

時間の経過の中で今までの経験からそして、そのときそのときの刺激により
多様な意見、多様な心の声があまた存在するのが普通です。

例えば、セミナーに出てそのときは
「よしっ!成功に向かって習ったことを習慣化して毎日実践するぞ!」

そのためには、明日明後日から準備に入ろう!

そう固く決意してセミナー終了した次の日には
「今日は忙しいから準備は明日」

そして、次の日には...
成功する人は、成功に向けて着実に一歩一歩踏み出します。

成功しない人は、成功しない道を一歩一歩進みます。

成功するか、しないかはこの差でしかありません。

その成功する人の脳内対話を紐解けば
実は、高確率で誰もが成功する方法が見えてくるのです。

そう!重要な要素としてあるのが、自分とのラポール。

これが成功!そして長期的な成功状態を手にする
原動力になるのです!

成功するのに重要な要素それが自分とのラポール。
私の考えではズバリ!
成功するのに重要な要素は自分とのラポールなんです!

自分とのラポールとは?

「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く自分」
この者の間で、ラポール状態を作ることなんです!

成功するか、どうか?また成功し続けられるかどうか?は
この2者の交渉ともいえます。

簡単に言えば
「今までの自分」の賛同が得られないから。
成功の行動をとりその結果として成功の状態を手にいれるということが
できないのです。

「今までの自分」が力を発揮し、現在の状態を作り出してくれました。
いってみれば10年20数年かけて作り上げた状態です。

それを変化させようというのですから、大変です。

人は変化を危険ととらえますから、現状維持に力が働きます。
つまりは、「今までの自分」が
よし、変化は安全だ!変化すべきだ!成功すべきだ!
私にとってもメリットが大きいじゃないか!

現状維持をしたい力より、変化によるメリットを求める力が上回ったとき
人は動き出し、上回り続けたときに成功を継続するのです。

「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く今の自分」は
同じ幸せ、成功に向けて手を組むべきだ!

まさに「今までの自分」と「成功を手に入れる未来を描く自分」が
WINーWINの関係になること!

そのWIN-WINの関係をつくることができれば成功は当然なのです。

そしてWIN-WINの関係をつくるのに必要なのが2者のラポールの状態です!

成功へ至るパターンは大きく分けて2つ
たくさんの自己啓発の本、成功哲学の本があります。
それらを読んで成功できる人と成功できない人がいます。

成功に向かって一歩踏み出す人もいれば
成功するまで継続して行動し続ける人もいます。

成功とは「現状」から「成功する状態」に変化することを言います。
私自身の人生を振りかえっても
一瞬で変われたときと変わろうと思って一歩踏み出す時
時間をかけて変われたとき、無理なく変化できたとき
様々なパターンがあります。

大きく分けると2つです。
・インパクトの強さ×回数
・セルフイメージが変化、し無理なく変われたとき

自分の頭に浮かぶ言葉 脳内対話をキャリブレーション(観察)して
自分の内部対話の癖をつまむことで次に」意識して
対話に変化をあたえることができます。

電車に乗っているとき、歩いているとき、トイレやお風呂に入っているときなど
頭に浮かぶ考え、脳内での会話をよく観察しましょう。

「もう少し、ポジティブな言葉が増えると変わるかも?」
そう感じるかもしれません。

成功に向かう道に入るポジティブな発言の関数が
・インパクトの強さ×回数による変化

そして、内部対話の傾向が変わることで、「私は●●なひとである」
というセルフイメージにも影響を与えることができます。

こういった脳内会話の傾向により、成功するかどうかの分岐点が
あるように感じます。

ラポールに有効なペーシングとキャリブレーション
「今までの自分」と「成功する未来を描く今の自分」
この2者の交渉がどうのようになれば成功への道に進めるのでしょうか?

冒頭で申したように私の意見では
「自分を成功に向かうスタートは自分とラポールですることです」

現状維持はの「今までの自分」と変革派の「成功する未来を描く今の自分」
にリーディング(誘導)されお互いに協力して成功への変革を実行します。

リーディング(誘導)がうまくいくためには、リード(誘導)する人が
相手とラポールをつくりラポール状態になっていることが重要です。

ラポールするためには、ペーシングすることが有効です。
相手と息をあわせるということです。

「成功する未来を描く今の自分」が
「今までの自分」と最初はペースを合わせ、認めます。

そして、ラポールが取れたころに

リーディング(誘導)をして、一緒に変化していきます。

今までの自分とこれからを考える自分がタッグを組んで
成功に向けての旅をする感じですね!

リーディングをしてラポール状態に持っていくときに必要なものがあります。

それが、キャリブレーション(観察です)!
自分とのラポールに向けて、自分との脳内対話、内部対話のキャリブレーションしましょう。

まずは、簡単なことから始めましょう。

内部対話のキャリブレーション練習をやってみましょう!
「成功する未来を描く今の自分」が
「よし!私はインターネットを上げて成功したいんだ!
そのために、まずはスカイプコーチングを受けて行動を起こすんだ!」
と自分の頭に問いかけます。

「今までの自分」はなんと答えるでしょうか?

こうやって内部対話がスタートします。

その時に自分の内部対話の傾向を観察していきます。
自分で脳内で独り言をつぶやきながら同時に観察していきます。

同時が難しい人は、脳内の発言を書き出してもいいですし
人がいなければ声に出して録音すればいいです。

静かに自分自身と内部対話できる場所で行ってください。
自分の部屋でも、トイレでも、お風呂でも散歩中でも構いません。

録音するとき、書き出すときは場所を選びます。

しかし、内部対話のキャリブレーションをはなれると
録音もなし、書き出しもなしでできるようになりますので

その時は場所を選びませんね。

自分の脳内対話の傾向はどんな傾向にあるのか?

ポジティブな発言数とネガティブな発言数の割合は?

ポジティブな発言の強さは?
ネガティブな発言をするときの強さは?

成功に向けて歩みたいということに対して
やらない言い訳や、引き止める理由がどれくらいあるでしょうか。

こんな感じでどんどんキャリブレーションの練習を
積んでください。

「成功する未来を描く今の自分」が成功にむけた発言をしたら
「今までの自分」とどんな対話をするのか。

傾向をつかむとペーシングのヒントがわかります。
傾向をつかみ、ペーシングをするとラポール状態を作りやすいです。
ラポール状態になればリーディング(誘導)し変化させれます。

今までの自分とこれからを考える自分とタッグを組んで成功の旅に向かう
準備をしましょう。

ここでは、内部対話のキャリブレーション(観察)について
お話ししました。

他、ペーシングやラポール、リーディングについては
ビジネススクールの心理術講座などでも取り扱っていこうと思います。

まとめ

今回は、成功には自分とのラポールが重要であり
ラポールの状態を作り出す第一歩として
内部対話のキャリブレーション(観察)の練習をすること!

ということについてお話ししました。













スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント